特小とは?

P1000516
(私達が呼ぶ)「特小」は基本的に

  • 免許及び登録を要しない無線(局)(*1)の
  • 無線電話用(*3)の特定小電力無線局(*2)で
  • 421MHz帯、422MHz帯又は440MHz帯を使用するもの(*5)

を指します。上記の無線機(トランシーバー)のことを「特定小電力(特小)トランシーバー」と呼ばれます。

(*1) 「免許及び登録を要しない無線局」は

  • 発射する電波が著しく微弱な無線局
  • 市民ラジオの無線局
  • 小電力の特定の用途に使用する無線局

があり、(私達が呼ぶ)特小は「小電力の特定の用途に使用する無線局」に該当します。

(*2) 「小電力の特定の用途に使用する無線局」は主に

  • コードレス電話
  • 小電力セキュリティシステム
  • 小電力データ通信システム
  • デジタルコードレス電話
  • PHSの陸上移動局
  • 狭域通信システム(DSRC)の陸上移動局
  • ワイヤレスカードシステム
  • 特定小電力無線局

など、特定の用途及び目的の無線局があり、(私達が呼ぶ)特小は「特定小電力無線局」に該当します。

(*3) 「特定小電力無線局」の用途は主に

  • テレメータ・テレコントロール・データ伝送
  • 医療用テレメータ
  • 補聴援助用ラジオマイク
  • 無線呼出
  • ラジオマイク
  • ミリ波レーダー
  • 移動体識別
  • ミリ波画像伝送
  • 音声アシスト用無線電話
  • 移動体検地センサー
  • 無線電話

などがあり、(私達が呼ぶ)特小は「無線電話用」に該当します。

(*4) 「無線電話用の特定小電力無線局」は

  • 社団法人電波産業会(Association of Radio Industries and Businesses)のARIB標準規格に基づいて作られたもの

で、(私達が呼ぶ)特小は「特定小電力無線局 無線電話用無線設備 RCR STD-20(以下、「RCR STD-20」)」という標準規格に該当します。

(*5) 「RCR STD-20」には

  • 421MHz帯、422MHz帯又は440MHz帯を使用するもの
  • 413MHz帯、414MHz帯又は454MHz帯を使用するもの

の二種類があり、(私達が呼ぶ)特小は「RCR STD-20のうち、421MHz帯、422MHz帯又は440MHz帯を使用するもの」に該当します。

カテゴリー: Featured, ライセンスフリーラジオ紹介 タグ: , , , ,